花粉症

花粉症とは

花粉症はスギ、ヒノキ、ブタクサ、イネ科の植物などの花粉が原因で起こるアレルギー性炎症です。主なものは、花粉によるアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎ですが、咽頭炎、喉頭炎、皮膚炎、花粉喘息などもでることがあります。

花粉症の対策

花粉症の対策は、基本的には予防が主体です。苦しくなってからの治療では、満足のいく治療が得られにくいことがあります。花粉の飛散初期から抗アレルギー剤の内服を始め、これを続けることが他の予防より簡便で有用性も高いのです。

花粉症の治療

生活の節制と薬物療法を早めにすることが肝心です。花粉が飛散している時期は、自然によくなることはありません。症状を繰り返すことによって、鼻の粘膜が過敏になり、寝不足になったりイライラ感などから全身が過敏になったりします。こうなると花粉症の治療は難しくなります。症状が出る前から抗アレルギー剤の使用をお薦めします。これにより最初の発症を抑え、比較的軽い状態でシーズンを過ごすことができます。花粉症に対する薬はいろいろありますが、薬の効果は個人差があります。当院では一人一人にきめ細かい投薬をしております。なお症状のひどい方にはステロイド〔ケナコルト)の注射を行う場合があります。 ケナコルトを注射する場合、次の注意が必要です。 @注射は一時的にアレルギーを抑える薬である。 A高血圧、糖尿病、緑内障、胃潰瘍などの基礎疾患のある方は注射できません。 B女性の方は副作用として、生理不順が起こることがありますので、あまりお薦めできません。 C注射により感染に弱くなるので、風邪を引いたり、けがをしたりした時は早めに治療を受けること。 D筋肉注射部位が凹むことがあるので、注射部位をあまり揉まないようにする。