母指腱鞘炎(ばね指)

親指を曲げる長母指屈筋腱で起こす腱鞘炎です。慢性化すると、炎症のため腱が肥厚します。肥厚した腱は、腱鞘をスムースに通過することができず、ばね現象を起こします。

治療:腱鞘内注射、難治例は手術


示指〜小指腱鞘炎(ばね指)

短指屈筋の2本があり、この2本の腱で腱鞘炎を起こす。横に走る掌皮線のあたりに圧痛を認め、慢性化すると炎症性肉芽が育ち、母指腱鞘炎と同様にばね現象を起こします。

治療:腱鞘内注射、難治例は手術


母指狭窄性腱鞘炎(ドゥケルバン病)

短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が橈骨の溝を通る場所はトンネルのようになっており、ここで摩擦が生じると腱鞘炎を起こします。出産後に起こすことも多いです。子育てで手指の負担が増加するため、炎症を起こしやすくなります。ホルモンバランスが崩れると、腱の再生能力が低下するのも一因です。

治療:腱鞘内注射、難治例は手術


手根管症候群

橈骨手根屈筋と長掌筋が屈筋支帯をくぐる場所で起こります。この場所には正中神経が通っており、神経炎を起こし麻痺を伴うことが多く見られます。この場合母指〜中指の手のひら側にしびれを伴います。

治療:神経管内注射 難治例は手術


橈骨手根伸筋腱腱鞘炎

手関節の屈曲、伸展でギシギシという握雪音がします。同部に指をあてると良くわかります。

治療:腱鞘内注射


アキレス腱腱鞘炎

アキレス腱と靴のこすれや足首の曲げ伸ばしが過剰に行われた時、この腱鞘炎を起こす場合があります。

治療:腱鞘内注射


 

足背の腱鞘炎

長母指伸筋の腱鞘炎で、靴と足背部の摩擦により起こす場合が多いです。

治療:腱鞘内注射